生命保険タブロイド

生命保険に関する知識をわかりやすい「情報誌」として紹介していくサイトです。

1月31日は「生命保険の日」

今日、1月31日は「生命保険の日」というのを知っていますか?

制定したのはMDRT日本会です。

MERT日本会のHPにその記載があります。

これによると給付したのは、日本で最初に設立された有限明治生命保険会社(現明治安田生命保険)です。こういう日本の歴史を変えたニュースは知っておいたほうが身近に感じられることでしょう。

 

1882年(明治15年)の1月31日に、生命保険の受取人の第一号が出たという報道がありました。それがキッカケで今日の1月31日が生命保険の日となりました。この時は支払っていた保険料は30円ほど。保険給付金は1,000円だったそうです。今の金銭価値でいうと、保険料10万円の保険金300万ぐらいだそうです。

当時、生命保険というシステムは全く一般的ではなかったため、驚きをもってこの報道がなされたようです。

 

世界トップクラスの生命保険と金融サービスの専門家、MDRT

MDRTというのはMillion Dollar Round Tableといって世界70弱の国と地域の500社以上で活躍する4万人以上の会員を擁する、生命保険と金融サービスの専門家による国際的で、なおかつ独立した組織です。厳しい倫理基準があり、卓越した顧客サービスを提供している団体です。

www.mdrt.jp

生命保険業界の人間は、自らに厳しい倫理基準を課してこのMDRTという世界を目指しますが、たまにはこういう歴史を見直して改めて「生命保険とは何なのか」ということを見つめる機会を作らないといけませんね。