生命保険タブロイド

生命保険に関する知識をわかりやすい「情報誌」として紹介していくサイトです。

営業とは違う!生命保険コンサルタントの仕事で伝えたい事

突然ですが、生命保険ってどうして入ると思います?

 

「なんとなく」という人がだいぶ多いと思うんですが、家庭を持っている人は「自分に何かがあったときのために家族が困らないように」という理由が多いんじゃないでしょうか。

 

このブログでは徹底的に、生命保険はこういう風に使えるんだということをみなさんにお伝えしていきます。生命保険ってじゃあ何なんだ?と。

生命保険で資産作りのお手伝い

目に見えない金融商品だからよくわからないし、パンフレットみても謎の言葉が飛び交っているわけです。そうなると当然「怪しい!」と感じる人だっているわけです。そもそもパンフレットって読もうと思わないですよね。少なくとも僕はパンフレットはできることなら読みたくありません(笑)

(結局、商品理解のためにはもちろん読むんですが)

 

そういう目に見えないものを、知ってもらうために生命保険コンサルタントという仕事があります。(この説明だけだとだいぶ怪しい感じしますね笑)

プロデューサーと呼ぶ生命保険会社もあります。日本に生命保険会社というのは驚くほどたくさんあるわけですが、会社によって呼び方は変わります。ここでは一番自分の考えに近いかなという独断であえて「コンサルタント」という呼称を使います。

 

ちなみに国内の生命保険会社はこれだけあります。

www.seiho.or.jp

 

生命保険のコンサルタントって何をする人?

 まず普通に生命保険の設計をしたり販売をします。これはどこの生命保険会社もやっています。でも大事なのは、保険の「いろは」を話すこと。そして生命保険の分析をして、今契約している生命保険が自分に合っているかどうかを分析する。

 

そしてそれが間違っていたら合うように考え直さなくちゃいけないし、合っていればそれはそれでOK。なのでそこをきちっと分析します。

その中でも一番伝えたいのは、生命保険の使い方です。

使い方っていうのは、例えば、死んだらこの書類を揃えましょう、入院したらこういう書類を準備してください、という意味ではありません。

 

生命保険の使い方を教えるのが生命保険コンサルタント

転職したばかりで、今は月々の掛け金(厳密にいうと保険料なんですがわかりやすくするためにあえて掛け金という言葉を使います)が払えません。5年後ぐらいには多分収入が増えると思います。っていう人がいたとします。

 

でも病気になるかもしれないから生命保険やっといた方がいい、ということになりました。そうなったときに最初の5年間だけ安い保険料で、そのあともし途中で重たい病気に変わったとしても審査なしで新しい積立の保険に変えられるってきいたことありますか?(ここで「生命保険」という記載をしてあることには意味があります)

 

使い方っていうのはざくっと言うとこういうことです。

 

とても大きく括(くく)っちゃうと、資産づくりのお手伝いを仕事とするのが生命保険コンサルタントです。生命保険っていうとどうも、何かがあったらっていうギャンブル性の高さをイメージする人が結構多いんですが、将来の資産づくりというのが一番の仕事なわけです。

でも正直ここまでの話では、生命保険と資産というのが結びつかないと思います。

「生命保険が自分の資産になるっていうのはどういうこと!?」という人はこのまま進んでください。

 

生命保険が資産作りのシステムとして使える理由(記事作成中)